ためしてガッテンで枝豆の話がなんと砂糖とは

By | 2014年9月25日

221★ためしてガツテンで枝豆の話がなんと砂糖


枝豆がビールを飲むときにいつも食べています。
毎日ビールを飲むのでいつも冷蔵庫に入っています。
されがテレビで驚きました。

 

 

ゆで方が私がやっていることと違っていました。
塩と砂糖で入れることで枝豆の甘みが増えるということでおいしく食べることができるそうです。

ゆでれば 枝豆の甘みが回復するというのは本当に不思議なことです。

 

 

なぜ砂糖が良いのかよくわからないです。
とれたての枝豆というのは新鮮でおいしいと思うのは当然のことなのですが、砂糖を使うことがポイントと言うことで驚いてしまいました。
沸騰したお湯に、秋だけではなく
砂糖を2%、塩2%
という量を加えることが良いと言うことです。

こういう増えることでとれたての甘みを回復することができて味わうことができるということだそうです。

 

お店で売られている枝豆の糖分が減っているということでおいしくないということになるようですね。
砂糖を入れてやってみることでとれたての甘みを復活させるということができるのでおいしく食べることが生きるそうです。

 

 

欲しくビールと一緒にことができるので私は大好きですので試してみることにしました。
やはり美味しく食べることができたので、これからこのようなやり方で作るようにしてみようと思っています。

同じ家並みでも不自然な甘みということではなく恋しく上げることができました。

枝豆に含まれる甘みがショ糖という同じ成分ということで旨味が出てくるようですね。

 

 

枝豆に含まれる甘みはどこに在るのか不思議に思っていましたが、豆を覆う薄皮というところにあるということが驚きですね。
あまりこのような薄皮を考えたことがなかったのですが、美味しく食べるためにはこのオスカーを食べることが必要になるということになりますね。
砂糖を少し加えてゆでるということが薄皮の甘みをがっちりとキープしてくれるということで美味しく食べることができるというのは魅力ですね。
塩プラス砂糖

 

 

この方法で食べることにしてみようと思っています。とれたけの甘みを味わうことにしてみようと思っています。

冷凍の枝豆が彫られていますがそれも美味しく食べることができるのでいつも少しお腹が空いた時に食べるようにしています。

 

 

最近は枝豆を使ってダイエットをすることもあります。枝豆を上げることで食物繊維が

たくさんとることができたり良質のたんぱく質を取ることができるのです非常にメリット

のある直されると思っています。
お腹が空いた時に枝豆をつまむということではなく枝豆を冷凍室から取り出して尽くし

てあげることでお腹を膨らますことがあるのでとてもおいしく食べることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です