寒中見舞い 時期いつから出すのがいいかな

By | 2014年12月7日

寒中見舞い 時期いつから出すのがいいかな

最近年賀状出すこともなくなってきていたのですが、急に年賀状を書きたくなってきていろいろ書き始めることにしていました。

121

 


今はほとんど書くことができたので後は投函するだけになってきました。

 
最近特に気になっているのが寒中見舞いということでこれも書くようにしようと思っています。

 
最近はパソコンやメールなどで済ましてしまうことがあるのですが、手書きで書くこともたまには良いかなと思って書くようにしようと思っています。

でも気になるのがいつ書けば良いのか気になったりして調べることにしました。

 
寒中見舞いの投函日がいつかな思って考えました。

 

正月の間はどうしても年賀状で色々 MC思い出を作ることができたり、時間が忙しかったりすることであまり助かってもないということがあるようです。

 

寒中見舞いはやはり年賀状と少し開ける方が良いという事が言われているので、 1月5日ではやはり少し早いかもしれないので少し開ける方が良いと言うそうです。

 
ということで1月15日以降が良いということがあるので、年賀状も終わり落ち着いているという時期になるのでこの頃が非常に良いということがあるようですね。

 

どちらにしても立春の前日までにアウトにそのことなのが寒中見舞いであるということが言われています。

ということを考えると1月10日ごろから遠く細ることが1番ベストかもしれないですね。

 
最近はメールで済ましているということがあるので、たまにはハガキをもらうと感動することになるかもしれないですが。

 

いつもお世話なってるのはたまには寒中見舞いを書いておるゆうかくのも良いかもしれないですね。
たまに手紙を書いたりハガキを書いたりすることで、楽しみを作るようにしています。

 
手紙を書くというのはやはり文章が長くなってしまったりしてなかなか文字を書くことの持つらしくなるのですが、ハガキを使うことで、簡単な文章書くことができたり、絵はがきという感じで書くことができるのは大きな魅力かもしれないですね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です