2月3日は豆まきだけれどどうして豆をまくのかな

By | 2014年12月13日
スポンサードリンク

2月3日は豆まきだけれどどうして豆をまくのかな

2323

 

まだ正月は来ていないのだけれど、豆を見ていると節分ガールを言うことで、どうして2月3日が豆を撒くのか気になってしまいました。

 

スポンサードリンク

 

2月3日が節分と言うけれど節分という感じを見て季節を分けるということで節分と言う名前になっているようですが。

 
季節が変わるということで冬から春になるという時期になるということにあるようです。

 
節分になると豆をまいて鬼を追い払うということですが、やはり悪いものをできるだけ近くに寄せないということで豆まきをする習慣ができているようですね。

 
特に日本の習慣として春がやはり1年の始まりということで特に大切にされているので、節分と言うように春を基本にしているということがあるようです。

 
1番大切な時期なので、特に節分という習慣ができているようです。

節分に豆まきをするというのも鬼の目を打つということで魔目ということで豆まきをするようですね。

 

邪気を払うということで大切にしているようですね。当然やはり悪いものは近づいてほしくないのは当然のことかもしれません。

 
各地で花巻の習慣があるので非常に楽しい習慣にあるようですね。

きれいになるためにも医療のためにも豆というのもやはり挨拶な存在になるので、豆まきをするということも大切ですが、体にとっても大切な食材になるのでしっかりと食べるということも大切になるようです。

 
節分の雨を年の数だけ食べるという習慣もありますが、その年を災いを逃れるという法で自分の歳の数だけ1つかみするという縁起が良いと言い伝えもあるようです。

 
どちらにしても豆は日本人にとってはとても大切になるのでしっかりと雨を食べながら日本食をもう一度見直すことがポイントになるかもしれないですね。

 
2月3日の節分には

 
豆は炒ったものを使う
掛け声をかけながら豆をまく
豆をまくのは本来主人または干支の隠れる人が白
別れた豆を違うの数え歳分だけ称える

 
このような楽しい習慣があるのはとてもいいですね。

 

豆はダイエットにも非常に良いので健康づくりのためにも利用することが

おすすめですね。

 

 

毎日の生活の中で豆をしっかりと取ることで、良質なタンパク質を

取ることができるの大きな魅力になると思います。

 

女性にとっては非常に大切な女性ホルモンを補助してくれるということで

利用されているケースも多いのでサプリメントとしても試してみるのが

良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です