ダイエットで対策をするけれど注意をしている

By | 2014年12月23日

ダイエットで対策をするけれど

 

 
“私のダイエットは、常に、体重チエックを怠らない事

 

 

私のダイエットは、学生時代に、自分が一番動きやすい体重まで、食事療法と、
アルバイトと学校の両立で、走り回っていた時に、友人と共に、行いました。

友人が居なかったら、途中で挫折していたかもしれませんが、二人で、各々の
身長に合わせた体重まで落とすと決めて、お互いにほぼ毎日のように、
体重計にのって、報告し合って、励みを貰っていたように思います。

 

 
目標に達してからは、まだ若かった事や、学生から、新社会人になって、
精神的にも、学ぶ事が多くて、特別に気をつけなくても、体重に変化は
ありませんでした。

 
そして今もなお、私のダイエットというのは、体重計に乗っての体重を
一定に保つ事に一番の気遣いをしています。

 

 

よく、冬になると、どうせ、厚着の季節なのだから、薄着の春になってから、
ダイエットをすればよいという方がいらっしゃいますが、私にとっては、
冬も夏も関係ないのです。

 

 
なぜならば、高齢に向かっていく過程の中で、春だから、そろそろ
ダイエットをして、薄着の季節に備えようなんていう思いでいても、
新陳代謝の衰えで、到底、間に合いそうもないと感じているからです。

 

 
私のダイエット法は、年中、同じ体重で居る事であって、その為に、
常日頃から、暴飲暴食と、夜になって、空腹にならないように、
夕食は早めにとって、しっかりと量を食べるようにしています。

 
その中でも、冬の夕食のメニューのお薦めは、お鍋料理です。

 

野菜も多く摂るのですが、お鍋のスープで、締めのおじやを作る時は、
おじやというより、スープを多目にしたスープ粥にして、炭水化物を
少な目に、スープを多目に。と食べていると、満腹感をあじわえて、
体重の増加も抑えられて、一石二鳥という生活なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です