朝夜足がつると痛みが続くことで痛みが取れないことに

By | 2014年12月25日

 

朝夜足がつると痛みが続くことで痛みが取れないことに

 

 

どうしても足がつるという人数増えています。
毎日朝特に痛みがあるという人が増えています。

 

“いつも、何となく「今日は危ないな」と、言う
予感がして床に就くと夜中に足がつります。

 

この予感のような前兆が来る要素はたくさんあります。

 

その一つが沢山歩く事による疲労から来る足のつりです。

 

毎日万歩計をつけているので、一万歩を越えた夜はつる
事が多いと感じます。

 

 

お風呂に入ってマッサージをしたり対策をしますが、
やはり歳の為か効果がありません。

 

夜中に悲鳴をあげるほど足がつります。

 

また、水分を取り過ぎた時にもよくつります。

 

足のむくみも伴う足のつりは、夜ばかりでなく昼間も
つるように感じます。
ただこのつり方は、疲労によるつりと違い直ぐに治り
ますがたびたび繰り返しつるように思います。

 

塩分を摂るとよくなるように思うのは気のせいでしょうか。

 

それ以外にも、足の裏からつり始めてふくらはぎや
太ももの方までつる時があります。

 

このつり方をする時は、生活のリズムが崩れている時です。

特に食事面では、外食を多くしたりファースト
フードを沢山食べたりすると起きてきます。

 

自分自身の不摂生から来る物だと考えています。

 

時々病院の先生にご相談させていただくと、ビタミン剤
を処方してくださいますが、処方してくださる先生も
「気分の問題かもしれないけれど飲んでみても良いかも」
と言う程度の物のように感じています。

 
それでも、夜中に突然の痛みは辛いものなので少し
でもそうならないようにと、友達などと話しますが、
加齢によるものが大きいもののように思います。

 
その為にも足腰の筋肉を少しでも衰えないようにしたい
と努力しています。

 

足がつるということも体が冷えているということもある
ということで、普段から暖かくするようにしています。

そのためにも
しょうが
いいというこです。一番簡単に暖かくすることができる
ということです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です